香港「国家安全法」で激化「米中新冷戦」と「一国二制度」の変質

国内 政治 Foresight 2020年6月30日掲載

  • ブックマーク

 香港の「国家安全維持法」が中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会で6月30日、委員162人全員の賛成で可決され、習近平国家主席が署名して公布された。これを受けて、香港で30日午後11時に施行された。

 中国の改革・開放や米中接近の象徴でもあった香港の「一国二制度」の大きな変質は避けられず、同法案の成立に懸念を抱く米国など西側諸国の反発は確実で、香港問題が米中「新冷戦」の最前線となる様相が濃くなっている。

香港基本法の「抜け穴」

 1997年に英国から中国へ返還された香港は、「一国二制度」という制度設計のもと、「高度な自治」を50年間にわたって保証されていた。...

記事全文を読む