子会社売却で「いきなり!ステーキ」に特化 ペッパーフードサービスは再生できるか

ビジネス 企業・業界 2020年6月26日掲載

  • ブックマーク

 6月18日、「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」を展開するペッパーフードサービスが、ペッパーランチ事業の売却を検討していると報じられた。同社の2019年12月期は、2年連続となる27億円の赤字を計上。さらに、新型コロナで追い打ちをかけるように業績は悪化している。「ペッパーランチ」売却は、起死回生の一手となるか。

 ***...

記事全文を読む