失業者増大でも「失業手当」「休業手当」もらえない「制度の落とし穴」

国内 政治 Foresight 2020年6月16日掲載

  • ブックマーク

「3月末で会社をリストラされたのですが、未だに失業手当を受給できていません。10万円の特別定額給付金も振り込まれないし、生活は逼迫し始めています」

 と、アパレル関係企業に勤めていた30歳の男性が明かす。

 本来、失業した場合や自己都合で退職した場合、一定基準を満たせば一定期間、いわゆる「失業保険」(正式には「雇用保険」)によっていわゆる「失業手当」を受給できる。

 だがいま、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって職を失った人たちの中で、失業手当を受給できていない人が急増している。...

記事全文を読む