都知事選、後藤輝樹候補「今回の政見放送は自信作」 前回「異常すぎる政見放送」は史上2例目の大事件だった

国内 政治 2020年6月26日掲載

  • ブックマーク

泡沫候補とインディーズ

 東京都知事選に向けて、選挙関連のニュースが増えている。

 すべてのメディア、多くの有権者にとって最大の関心事は言うまでもなく誰が当選するかである。ところがまったく別の視点から選挙を楽しみにしている人が少数ながら存在する。

「選挙マニア」――選挙そのものをウォッチし、研究するのが大好物という人たちである。

 これまでの研究成果を活かして、「死んだ男が立候補した都知事選」「選挙前になると人口が増える村」「選挙権が剥奪されていた島」などの珍奇なエピソードをまとめた『ヤバい選挙』(新潮新書)を著した宮澤暁さん(35)も選挙マニアの一人である。...

記事全文を読む