巨人・原監督の150万円「賭けゴルフ」 1打5000円で…プレー同伴者が証言

スポーツ 野球 週刊新潮 2020年7月2日号掲載

  • ブックマーク

 2015年秋に発覚した「野球賭博事件」では、読売巨人軍の複数の選手の関与が明るみに出た。その中には、カムバックを果たした選手がいれば、球界を永久追放された者もいる。が、一方で指揮官である原辰徳監督は1回100万円単位の「賭けゴルフ」に興じていたのだ。

 ***...

記事全文を読む