大炎上「美術館女子」プロジェクトをなぜ読売新聞が始めたか 美術展の不都合な真実

国内 社会 2020年6月17日掲載

  • ブックマーク

ネットでたちまち炎上

 6月13日の読売新聞朝刊(東京版)に「AKB48×美術館」の見出しで、「東京都現代美術館×小栗有以 AKB48チーム8」と題されたカラー記事が掲載された。AKB48のメンバーでアイドルの小栗有以さんが、この美術館を訪れて感じたことが綴られている。彼女が巨大な彫刻、アルナルド・ポモドーロの「太陽のジャイロスコープ」を背にして立つ大きな写真も見ることができる。

「私自身、これまでそんなに美術館に遊びに行ったこともなければ、絵画に詳しいわけでもない。

『芸術って難しそうだし、自分に理解できるのかな』。...

記事全文を読む