巨人、「オープン戦最下位」からリーグ優勝は至難の業、計算できるのは菅野だけ…

スポーツ 野球 2020年6月11日掲載

  • ブックマーク

 昨季のセ・リーグ覇者、巨人に厳しい状況に落ち込まれている。新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで行われたオープン戦は、16試合で2勝10敗4分、勝率.167で屈辱の最下位に沈んだ。その終盤は特に酷く、2月24日の広島戦から13試合勝ち星なしの9連敗を喫するなど、“低空飛行”のままオープン戦を終えている。「たかがオープン戦」だが、「されどオープン戦」。果たして、今年の巨人は、大丈夫なのだろうか。

 ***...

記事全文を読む