テレ朝「グッド!モーニング」の真逆報道で思い出すチーフプロデューサーの“古傷”

エンタメ 2020年5月22日掲載

  • ブックマーク

「グッド!モーニング」(テレビ朝日)が新型コロナウイルス関連の報道で、取材した医師の意見を真逆に報道したという問題は一応決着した。5月12日の放送で坪井直樹アナ(50)が謝罪したからだ。もっとも、とても真摯に反省しているとは思えないものであった。番組トップであるチーフプロデューサー(CP)を知るテレ朝関係者からは、「あの人ならやりかねない」との声が……。

 ***
...

記事全文を読む