「営業禁止令」でも再開77歳「ミシガン州理髪店主」の矜持 【特別連載】米大統領選「突撃潜入」現地レポート(13)

国内 政治 Foresight 2020年5月20日掲載

  • ブックマーク

 ようやく私の順番が回ってきて、床屋のイスに座ったのは、5月8日(金曜日)の午後10時前のことだった。

 午後4時から待っていたので、待ち時間だけで約6時間。その前に、ミネソタ州セントポールからアイオワ州を経由し、700マイルの距離を1日半かけて車を運転してきた。 目的地はミシガン州オワッソー。州都ランシングから車で北東に走って約1時間のとこ

ろにある人口1万5000人弱の田舎町である。

 床屋の名前は「カール・マンキー理髪店」。アメリカのどこにでもある普通の床屋だ。...

記事全文を読む