春ドラマ放送延期で名作が再放送 15年前の「野ブタ。をプロデュース」が一人勝ち

エンタメ 2020年4月17日掲載

  • ブックマーク

ただでは転ばぬジャニーズ

「『野ブタ。をプロデュース』は、特別編と謳いながら第1話と第2話をそのまま流すという手法でした。これが11・0%も獲ったんです」(同)

 どこが特別編なのだろう。

「本来放送するはずだった『未満警察』でW主演するSexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀が番組冒頭と終わりに、挨拶をするということで“特別編”にしたようですね」(同)

 とはいえ、それで15年も昔のドラマが2桁も獲るだろうか。

「中島と平野の代わりに、やはり同じジャニーズの亀梨(KAT-TUN)と山下(当時NEWS)というW主演作『野ブタ。』を持ってきたのは上手い。亀も山Pも現役のアイドルですし、昔からのジャニーズファンには懐かしいし、若いファンには伝説のドラマですからね」(同)

「野ブタ。をプロデュース」は、白岩玄の芥川賞候補にもなった同名小説が原作。高校2年の修二(亀梨)と彰(山P)が、同じ高校に転入してきた堀北真希が演じる暗~い転校生(通称“野ブタ”)をクラスの人気者へとプロデュースするという学園モノだった。当時の平均視聴率は16・9%と高視聴率を記録。さらに役名の“修二と彰”名義で発売された主題歌「青春アミーゴ」は総売上162万8000枚(オリコン調べ:以下同)、05年の年間シングルランキングで1位となるなど大ヒットした。

「『青春アミーゴ』はカラオケでは今も上位人気ですからね。再放送でも最後にしっかり流れていましたから、これも高視聴率の要因でしょう」(同)

 他にも理由が?

「共演者も魅力的です。亀梨の弟役にはHey! Say! JUMPで人気沸騰中の中島裕翔もいる。現在は山本耕史夫人となり、芸能界を引退した堀北真希(当時17歳)も出演しています。彼女はここから、朝ドラ『梅ちゃん先生』(NHK)ヒロインに抜擢され、『NHK紅白』の紅組司会まで上り詰めました。また、同級生役には戸田恵梨香(同じく17歳)もいる。3月までの朝ドラ『スカーレット』でヒロインを演じ、最後は40代後半の老け役を演じた彼女の、10代の時のセーラー服姿が拝めます。また、今は亡き忌野清志郎も書店の親父役で出演していましたから、RCサクセションのファンにはたまらないでしょう」(同)

 ジャニーズファンのみならず楽しめるというわけだ。それにしても15年も前のドラマ、よくジャニーズが許可したものである。

「平野と中島の先輩のドラマならまったく問題ないでしょう。それに4月29日には亀梨と山Pの初のオリジナルアルバムも発売されます。4月4日には『嵐にしやがれ』の2時間SPにも2人で出演し、『野ブタ。』の撮影時の秘話なども披露していましたが、再放送の告知はしていませんでした。再放送がいつ決定したか分かりませんが、ジャニーズにとってはアルバムの宣伝にもなりますし、その辺はちゃんと考えていますよ」(同)

 さて、「未満警察」の初回はどのくらいの数字になるのか。

週刊新潮WEB取材班

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]