【新型コロナ】チーム・バチスタの著者が10年前に予見した「パンデミックの現状」が話題

国内 社会 2020年3月20日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナによる経済的損失はもはや想像のつかない領域に入りつつある。

 日本では様々なイベントが中止され、TDRをはじめ多くのアミューズメントパークが閉園。日経平均株価も3月9日に、およそ1年2カ月ぶりに2万円を下回り下落傾向は止まらない。

 世界全土で人の行き来も制限されつつあり、英調査会社オックスフォード・エコノミクスは、新型コロナウイルス感染のパンデミックで、世界の総生産が1兆1千億ドル(約121兆円)減少すると試算している。

 労働者が仕事を休まざるを得ない状況に追い込まれたことによる生産性の低下、旅行需要の減退や、物流網の混乱、貿易と投資の減少による影響を積み上げた数字だ。...

記事全文を読む