感染防止「戦時体制」で大失態「日中韓」大成功「ベトナム台湾」の違い

国内 政治 Foresight 2020年3月10日掲載

  • ブックマーク

 今や世界は、新型コロナウイルスとの戦いに政治、経済はもちろん国民、企業も巻き込んだ“対感染症戦時体制”に突入した。封じ込めは道半ばだが、その過程で浮かびあがったのは、アジアにおける明暗だ。

 日本、中国、韓国が政権の失態で大混乱に陥る一方、事態に迅速に対応したのがベトナム、台湾である。

 中国は習近平政権の隠蔽と強権姿勢に国民が強烈に反発、韓国は文在寅(ムン・ジェイン)政権の失策と感情的な対応が続き、国民が政権を見放す事態。日本は安倍晋三首相の思いつきだけの政策に行政機構が機能せず、振り回される国民の不満は募る。...

記事全文を読む