「新型コロナ恐慌」で中国経済「3月初旬」最大危機

国内 政治 Foresight 2020年3月1日掲載

  • ブックマーク

 中国の「新型コロナウイルス」感染は、習近平政権の強権的な押さえ込みで、拡大ペースが落ちてきた。早めの春到来で気温が上がってウイルスの活動が低下すれば、3月中旬にも山場は越えるだろう。

 だが、感染拡大阻止優先で脇に置かれていた経済は、重篤な状態に陥っている。

 ヒト、モノの動きが止まり、「売り上げゼロ」企業が続出しているからだ。

 市民は外出を控え、最低限の食品と医療関連の購入、スマホゲームのダウンロードくらいしかお金を使わず、消費は想像を絶する落ち込み。...

記事全文を読む