「トランプよりサンダース」プーチンの鞍替え戦略

国内 政治 Foresight 2020年2月26日掲載

  • ブックマーク

 ロシアが11月の米大統領選に向け、民主党候補者争いのトップを走るバーニー・サンダース上院議員をSNS(交流サイト)などで支援していることが、米情報機関の分析として報じられた。

 ロシアは中道派のジョー・バイデン前副大統領を最も嫌っており、「民主社会主義者」を自称するサンダース氏が民主党候補になることを望んでいる模様だ。

 ドナルド・トランプ、サンダース両候補による本選挙になった場合、ウラジーミル・プーチン大統領はサンダース氏を支援する可能性がある。

...

記事全文を読む