新型コロナ、クルーズ船“全員下船”で新たな懸念 偽陰性が招くウイルス拡大

国内 社会 週刊新潮 2020年2月20日号掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルス“隔離”のため、横浜港に停泊しているクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号。14日間におよぶ待機を強いられた乗客たちの中には、環境の悪化を訴え厚労省に「要望書」を提出する者が現れるなど、船内には大きな混乱が起きていた。間もなく待機措置は解除となるが、これで一件落着とはいかないようだ。

 ***...

記事全文を読む