氷川きよし、V系メイクとシャウトで豹変の背景に「非・演歌志向」「業界の苦境」

芸能 週刊新潮 2019年6月6日号掲載

  • ブックマーク

 まさか演歌を歌うことに「やだねったら やだね」と言ったわけではあるまいが、ヴィジュアル系さながらのメイクとシャウトに業界関係者は度肝を抜かれたのだった。今年でデビュー20年目。それでも、このままでは生き残れないという氷川きよし(41)、魂の叫びである。...

記事全文を読む