新幹線無差別殺傷事件、小島一朗被告が明かす「本当の動機」 手記を独自入手

国内 社会 週刊新潮 2019年12月26日号掲載

  • ブックマーク

 ナタとナイフを東海道新幹線の車内に持ち込み、女性2人に傷を負わせ、男性1人を殺害。小島一朗被告(23)が不条理極まる凶行に及んだのは、2018年6月9日のことだった。今年11月末には法廷で「残念にも殺しそこないました」と発言している小島被告だが、彼には明かされなかった“動機”があった。

 ***...

記事全文を読む