習近平「経済政策」は「計画経済への逆戻り」か

国内 政治 Foresight 2019年12月17日掲載

  • ブックマーク

 中国政府の公式統計によると、中国経済は6%台の成長を続けているといわれている。

 しかし、裾野のもっとも広い自動車産業を例にとっても、2018年はマイナス2.8%(実績)、 2019年はマイナス10%に落ち込む見込みである。中国国内の専門家は、2020年、自動車産業はさらにマイナス6%の成長になるとみている。 3年連続のマイナス成長となる公算が高くなり、自動車産業は計1000万台分の過剰設備を抱えている計算になる。

 北京で企業経営者にインタビューしたが、製造業もサービス業も、業績が前年割れの企業が増えているようである。...

記事全文を読む