中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領から協力要請された”米国人質救出作戦”

政治 週刊新潮 2018年2月1日号掲載/2019年12月2日掲載

  • ブックマーク

機密指定解除「NAKASONE」ファイル(3)

 11月29日に亡くなった中曽根康弘元首相の秘話を、ジャーナリストの徳本栄一郎氏が公文書から明らかにする。84年3月以降、レバノンで計7名の米国人が誘拐された。犯人は、イランが影響力を持つイスラム教武装組織。困り果てたレーガン大統領は85年7月、夏休みで軽井沢に滞在中の中曽根氏に一本の電話をかけた。人質救出に協力してもらえないか、と(週刊新潮18年2月1日号より再掲載)。

 ***...

記事全文を読む