「八海山」ラベル巡る騒動 “無断でグッズに転用された” 篆刻家が著作権を主張

社会 週刊新潮 2019年11月28日号掲載

  • ブックマーク

 日本酒は麹、水を用いて米を発酵、分解させることで作られるが、左党が手に取るための“外見”も重要だという。酒のラベルを巡り、著作権バトルを繰り広げていたのは「八海山」。お相手は、天皇陛下とも関わりのある著名な篆刻(てんこく)家だった。...

記事全文を読む