「平成の大合併は失敗だった」となぜか「日弁連」が批判

国内 政治 週刊新潮 2019年11月21日号掲載

  • ブックマーク

 人口減対策のための地方行政効率化。そんな名目のもと、政府が1999年から約10年間推し進めた“平成の大合併”により、市町村の数は3232から1727に大激減した。合併を選んだ旧市町村では今、何が起きているのか。

 日本弁護士連合会が11月6日に開いたシンポジウムで、合併した旧町村47のうち43が人口減に直面していると明らかにした。...

記事全文を読む