「私は雨男」 相次ぐ失言から学ぶ「余計な一言」を言わない心構え

政治 2019年10月30日掲載

  • ブックマーク

 萩生田光一文部科学大臣の「身の丈に合わせて……」に続いて、河野太郎防衛大臣の「私は雨男……」。

 閣僚の発言が次々批判にさらされ、謝罪に追い込まれる事態となっている。

 発言への評価はさまざまだろう。「この程度で騒がなくても」と思う人も多いようだが、一方で閣僚、与党の失言を虎視眈々と狙っているメディアがいるのも事実。河野大臣の発言にいたっては、「報道ステーション」はわざわざ速報扱いで報じ「今後問題になるかもしれません」と言い添えたという。「問題になる」というよりは「問題にする」という意思があるようにも見える。...

記事全文を読む