追悼・八千草薫さんの女優魂「私のおならの音…」 『やすらぎの郷』脚本家・倉本聰氏との交流秘話

芸能2019年10月29日掲載

  • ブックマーク

 脚本家の倉本聰氏はスポーツ報知等の取材に答え、亡くなった直後に駆けつけて対面を果たしたことや、故人の思い出を語っている。

 倉本氏とは半世紀近い交流があり、何度も八千草さんと仕事をしてきた。自身のキャリアを振り返った著書『ドラマへの遺言』(碓井広義氏との共著)でも、八千草さんの名前は何度も登場する。いくつか抜粋して紹介してみよう。...

記事全文を読む