神津里季生(日本労働組合総連合会(連合)会長)【佐藤優の頂上対決/我々はどう生き残るか】

ビジネス 週刊新潮 2019年10月24日号掲載

  • ブックマーク

 労働組合があると、労働力の質が良くなり、生産性も上がる。だから組合員一人一人の賃金も増えてきたが、一方、組合の組織率は17%にすぎない。組合の存否によって、この20年で労働者間の所得格差は大きく開いた。連合はこの事態をどう打開していこうとしているか。...

記事全文を読む