グレタさん礼賛一辺倒に見る「ポピュリズム」と「ナウシカ現象」

国際 週刊新潮 2019年10月10日号掲載

  • ブックマーク

16歳の活動家「グレタさん」への違和感(2/2)

 あなたたちには失望した、と国連の気候行動サミットで訴えたグレタ・トゥーンベリさん。糾弾された側の“大人たち”はこの16歳の少女に注目、称賛の声を上げているのはご存じのとおりだ。しかし、彼女と彼女を持ち上げる大人たちには、拭えない違和感が……。たとえば、極端すぎるCO2削減を訴える一方で、国連の会合に参加するにあたり、スタッフが飛行機を利用するといった「矛盾」をはらんだ活動となっているのだ。

 ***...

記事全文を読む