安倍内閣でずーっと国交大臣ポストをもらい続ける公明党 その狙いは?

政治 2019年9月11日掲載

  • ブックマーク

 9月11日の改造内閣で、国土交通大臣に公明党の赤羽一嘉衆院議員(61)が就任した。安倍晋三首相は、6日に会談した公明党の山口那津男代表から閣僚枠1人を要望され、国交相の継続を求められていた。今や国交相といえば、公明党というイメージが定着しつつある。なぜ、このポストを欲しがるのか?

 ***...

記事全文を読む