「表現の不自由展」天皇焼却映像作者“津田大介氏は「燃えてますね!」と笑っていた”

社会週刊新潮 2019年8月15・22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“反日プロバガンダ”の象徴である「慰安婦像」が展示され、その近くのモニターでは、昭和天皇の御影が燃やされる様子を映し出す……。中止騒動を招いた「表現の不自由展」は、もともと私設展覧会だったものが、あいちトリエンナーレの企画に発展した経緯がある。

 矢面に立たされた芸術監督の津田大介氏(45)は、実行委員会のメンバーとの間に“溝”があったと明かす。

 ***...

記事全文を読む