わずか25万円のために人生を捨てた……過酷なフランチャイズ事業が生んだ悲劇

社会2019年8月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年来、コンビニオーナーの過酷な労働条件が問題視されている。フランチャイズ制は労働基準法の適用外となるためだ。2003年9月に起こった運送会社への立て籠もり事件も、フランチャイズ事業を巡るトラブルが原因だった。ガソリン144リットルを持ち込み、未払いの報酬3カ月分を要求。わずか25万円のために自爆……。(駒村吉重 ノンフィクション・ライター)

 ***
...

記事全文を読む