日本にも影響「バングラデシュ」感染激増「デング熱」の深刻度

国際Foresight 2019年8月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「デング熱」が猛威を奮っている。日本ではなく、バングラデシュでの話だ。

 2018年には例年の2倍以上の感染者が発生し、私達の関係者の日本人にも2人感染者が出た。

 現地の新聞『The Daily Star』の報道によると、今年の5月、6月での感染者は1864名と、2018年の347名のすでに5倍以上である。7月に入っても、7月9日時点での感染者が1182名と、すでに2018年の7月全体の感染者946名を上回っている(同紙は8月13日にも「3 die of dengue in Dhaka, Rajshahi」との記事を掲載している)。...

記事全文を読む