星稜「奥川」、霞ヶ浦「鈴木」 明暗分けた“超高校級投手”…気になるスカウトの評価は?

野球2019年8月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「超高校生級」と呼ばれる逸材の名にふさわしい堂々たる雄姿だった。

 夏の甲子園大会第2日、今大会最大の注目選手である星稜のエース、奥川恭伸が登場した。佐々木朗希(大船渡)、西純矢(創志学園)、及川雅貴(横浜)が地方大会で敗退したことで“高校生投手ビッグ4”の最後の砦として、これまで以上に高い注目が集まったなか、奥川は期待通りのピッチングを見せた。結果から先に言うと、被安打3、1四球、9奪三振で旭川大高を完封したのだ。この日のピッチングを見たスカウトからは「1年目から一軍のローテーションで期待できる」という声も聞かれた。...

記事全文を読む