仲間由紀恵・谷原章介夫婦の溝にどれだけの深みとリアリティがあるのか賭けてみる「偽装不倫」

芸能週刊新潮 2019年8月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 その昔、韓国へ旅行に行き、東大門の屋台でナンパした。185センチくらいの高身長に羽賀研二似の濃くて甘い顔、白く輝く歯、引き締まった体に長い脚。紳士的な振る舞いに痺(しび)れた。確かプロテニスプレイヤーと言っていたが、たぶん嘘だ。言葉は一切通じなかったが、やることはやった。翌朝、私が滞在するホテルまで送ってくれて、爽やかに別れた。アバンチュール最高! 日本の男にゃ到底無理! と思った。そんな昔話を思い出しつつ、かなり期待していたのが「偽装不倫」だ。...

記事全文を読む