算数教育の危機 「2億円は50億円の何%?」大学生の2割が間違えるという現実

社会 2019年7月24日掲載

  • ブックマーク

 日本でもようやく来年2020年度から、小学校でプログラミング教育が導入される運びとなった。その背景にはIT分野の人材育成が諸外国に比べて、明らかに遅れていて、将来のAI時代を迎えるにあたり、危機感が高まっているという実態がある。桜美林大学の芳沢光雄教授が解説する。

 ***...

記事全文を読む