大行列「恐竜博2019」展示が世界的大ニュースに!「むかわ竜」は新種!?

社会2019年7月20日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

オープン直後に50分待ち

「恐竜博2019」が13日、上野の国立科学博物館で始まった。オープン前から列ができ、開幕直後に「入場50分待ち」とアナウンスされる混雑ぶりで、翌日は一時「100分待ち」にまでなった。
 それほど人々を惹きつけるのは、メイン展示の全身化石2体にほかならない。
 ひとつはモンゴルで発掘された全長11メートルの“幻の恐竜”デイノケイルス。もうひとつが北海道むかわ町で発掘された全長8メートルの「むかわ竜」だ。

 この「むかわ竜」が、これまで発掘、命名されたどの恐竜とも異なる、つまり「新種」である可能性が出てきたのだ。...

記事全文を読む