闇営業問題で吉本でない「ザブングル」だけがスルーされたウラ事情

芸能2019年7月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 お笑い芸人の「闇営業スキャンダル」の余波が続いている。

吉本興業は闇営業をコーディネイトしたカラテカの入江慎也を契約解除し、雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮ら計11人を謹慎処分とした。

 さらに、3年前に稲川会系暴力団幹部の誕生パーティーでの闇営業が発覚したスリムクラブも無期限謹慎処分となっている。...

記事全文を読む