「イッテQ!」大甘裁定で存在意義が問われるBPO あまりに多すぎる問題点

芸能 2019年7月13日掲載

  • ブックマーク

 やらせ疑惑が取りざたされていた日本テレビのバラエティー「世界の果てまでイッテQ!」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は「程度は重いとは言えないものの放送倫理違反があった」とする意見書を発表した。これに対し、他局関係者やテレビ局OB、学識者、視聴者が一斉に「甘い」などと疑問の声を上げている。BPOの存在意義まで問われそうだ。...

記事全文を読む