大谷翔平、野手でもメジャーの名選手を超える“驚くべきデータ”

スポーツ 野球 2019年7月13日掲載

  • ブックマーク

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、野手でも往年の名選手を超越している――。

 大谷の野手出場が、1シーズンにフル出場した場合の試合数である通算162試合にまもなく達する。昨シーズン、大谷は野手として104試合、投手として10試合に出場した。昨年10月にトミー・ジョン手術を受け、野手に専念している今シーズンは、前半戦を終えて53試合。投手出場を除くと、合計は157試合だ。最速であれば、7月16日のヒューストン・アストロズ戦が162試合目となる。...

記事全文を読む