低視聴率で袋叩きの大河ドラマ「いだてん」 諦めず見続けてよかった

芸能週刊新潮 2019年7月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 24話分、諦めずについていってよかった。いや、そもそも中村勘九郎と森山未來がとつけむにゃーうまかったからな。勘九郎が演じた金栗四三(かなくりしそう)(以降43)はむちゃくちゃ可愛かった。10代の幼さから馬鹿のつく真面目さ、「失敬!」と声をかけて走る律義さ、家族蔑ろで貫き通したマラソン魂。フィギュア化したいフォルムでもあった。43フィギュア、水浴びも含めて6種類くらいで、誰か作って。...

記事全文を読む