【魂となり逢える日まで】シリーズ「東日本大震災」遺族の終わらぬ旅(6)

国内 社会 Foresight 2019年6月30日掲載

  • ブックマーク

 2011年3月11日の東日本大震災が起きた後の夏、福島県浜通りにある筆者の郷里の友人から、こんなうわさ話を聞いた。

「夜になると、海から “大勢の人”が浜の波打ち際に歩いてくるそうだ」

 海岸部の津波犠牲者にまつわる幽霊話らしかったが、うわさはうわさで、その話の主が誰なのか分からず、実際に見たという人に会ったこともなく、うわさはすぐに立ち消えた。

「人を車ではねたと思ったら、誰もいなかった」

「店の求人を出しても、幽霊話のせいで人が集まらない」

...

記事全文を読む