「石橋貴明のたいむとんねる」打ち切り説を払拭、テコ入れ成功で視聴率も上昇中

芸能2019年6月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年4月、鳴り物入りでスタートした「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系列)。だが、工藤静香をゲストに迎えた初回の視聴率は3・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)、以降は2%台も頻出し、改変期が近付くたびに打ち切りの声が出ていた。

 ところが4月にテコ入れが施され、番組スタート時からの“大人のノスタルジー”というコンセプトが取っぱらわれると、これが功を奏した。6月17日放送の視聴率は5・0%と健闘し、上昇の兆しが見えてきた。

 ***...

記事全文を読む