トッププロ「総ボイコット」危機直面「全米オープン」底深き問題 風の向こう側(48)

国際Foresight 2019年6月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 タイガー・ウッズ(43)がメジャー15勝目、米ツアー通算81勝目を挙げ、世界中を沸かせた4月の「マスターズ」が終わるやいなや、翌5月には今季2つ目のメジャー「全米プロゴルフ選手権」をブルックス・ケプカ(29)が制し、見事な大会連覇を披露した。

 そして、今季3つ目のメジャーとなるのが、6月13日から16日の4日間、名門「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」(カリフォルニア州)で開催される「全米オープン」だ。

 言うまでもなく、全米オープンはメジャー4大会の1つであり、そのタイトル獲得は世界中の選手たちの目標である。...

記事全文を読む