知ってほしい「医者と製薬マネー」の底深い闇

ビジネスForesight 2019年6月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 私は、主に無床診療所と中規模の病院で勤務する内科医だ。延べ人数で年間1万人を超える患者を日常的に診察している。風邪やインフルエンザなどの感染性疾患、高血圧や糖尿病などの生活習慣病をあつかったり、救急搬送の対応やご高齢の方のお看取りに関わったりする機会が多い。

 薬は内科医の仕事道具そのものだ。そのため、普段から社会と薬の関係について考え、診療活動から得られた知見を、専門誌に英語論文として発表する活動もよく行っている。

 そのような経験を重ねているなかで、今回、一般向け書籍を執筆する機会をいただいた。...

記事全文を読む