窪田正孝「ラジエーションハウス」は好調でも、フジ「月9」がいまだに抱える問題点

エンタメ 2019年5月27日掲載

  • ブックマーク

 今クールのフジテレビ“月9”(月曜・21時~)枠は、窪田正孝主演「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」が絶好調。このところの世帯視聴率も二桁続きで、“月9”復調と評価する声が増えている。

 確かに去年冬クール「海月姫」までは、6%台まで落ちることが多かった。その数字と比べると格段に伸びている。ところが年層別の個人視聴率を精査すると、残念ながら復調とは言えない状況が見えてくる。

 何が課題か、追ってみた。

 ***...

記事全文を読む