【天皇陛下と米大統領】34年前の米国訪問で読み解く「皇室外交の重要性」

社会2019年5月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 トランプ米大統領が5月25日に来日する。新天皇・皇后両陛下との会見や宮中晩餐会も予定されており、天皇陛下にとって、トランプ大統領との会見が、本格的な皇室外交のスタートとなる。

 徳仁新天皇がアメリカ大統領と会見するのは、実は初めてのことではない。さかのぼること1985年10月11日、当時25歳の浩宮徳仁親王は、オックスフォード大学の留学生として2年間の英国生活を終え、初めての米国横断旅行に臨んでいた。...

記事全文を読む