日本も巻き込まれる「粗悪医薬品」サプライチェーンの「危険度」

国際Foresight 2019年5月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

【筆者:森田知宏・相馬中央病院内科医】

「バングラデシュでは、誰が処方するかなんて気にしません。どこで薬を買うかの方が大事です」

 この言葉を聞いたのは、バングラデシュ人のスタッフからだった。

 私は耳を疑った。日本であれば、当然誰が処方するか、つまりどこの病院のどんな医師に受診するかの方が重要だ。良い医師にかかれば、効果が高く無駄が少ない薬を処方される。そうでなければ無駄な薬が増える。

 しかし、バングラデシュでは処方内容よりも薬そのものの品質が重要だと言う。...

記事全文を読む