日本映画はなぜ海外で上映されないのか 専門家が解説する“特殊事情の罪”

映画2019年5月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年3月、シネコン大手のTOHOシネマズは、2019年6月1日から映画館の一般入場料1800円を100円値上げすると発表した。これに映画ファンからは「たかだか映画観るだけで高すぎだろ!」「アメリカなら千円程度で観られるぞ!」などの批判も集まっている。ところで、TOHOシネマズは言わずと知れた「東宝」の系列だが、同社のような大手映画会社は各作品の「製作委員会」に名を連ねることも多い。この製作委員会とは、いかなる組織なのだろうか?

 ***...

記事全文を読む