英国の「移民」考(中) 「問題」は仕立て上げられた

国際Foresight 2019年5月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 英国への旧東欧からの「移民」のうち、最も多数を占めたのはポーランド系だった。

 欧州連合(EU)東方拡大時の2004年の統計を見ると、英国に暮らす外国生まれの人数で最も多いのは50万人超のインド、続いてアイルランド、パキスタンの順で、ポーランド生まれは15位の9万4000人に過ぎない。これが翌年16万2000人、06年26万5000人と急増し、2017年には92万2000人に達した。これは、インド系を10万人近く上回ってトップである。

形勢逆転を狙って利用したテーマ

...

記事全文を読む