“マー君超え”星稜エース「奥川恭伸」恩師が「驚きの勝負メシ」語る

野球週刊新潮 2019年4月4日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 平成最後の甲子園、春のセンバツが開幕した。3月23日の初日、圧巻のピッチングを披露した石川・星稜の3年生、奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手。日本のプロ全12球団どころか、米球団からも熱い視線を送られる逸材は、幼いころから「食」でも圧巻の実力を周囲に見せつけていた。...

記事全文を読む