会談決裂「トランプvs.金正恩」(下)合意拒否を後押しした「コーエン議会証言」

国際Foresight 2019年3月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 北朝鮮が要求した「寧辺核施設廃棄と国連制裁5件解除」という取引はあまりにも欲張ったもので、米国が受け入れる可能性はなかったと思うが、もう少し低いレベルの合意は不可能だったのだろうか。例えば寧辺の一部施設の廃棄と、終戦宣言や連絡事務所の設置などを取り引きし、制裁の解除や緩和は今後の協議に委ねるという選択だ。

「スモール合意」はできなかったのか

 これに対してドナルド・トランプ米大統領は、会談後の記者会見で「何らかの署名をする可能性はあった。...

記事全文を読む