各国大使推薦「現代アーティスト」が集合「World Art Tokyo」に込められた「思い」

国際Foresight 2019年3月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世界31カ国もの駐日大使が推薦した自国アーティストの作品が一堂に会する国際展「World Art Tokyo 2019(WAT)」(3月7~10日、東京国際フォーラム)。

 他に類を見ないこの展覧会は、2018年から文化庁主催の日本文化海外発信事業「国際的な文化発信拠点の基盤構築に向けた試行プロジェクト」の一環として開催されている。昨年は「パンゲア・テクトニクス 地殻変動するアート・ものがたりの分岐点」をテーマに9カ国のアーティストが紹介されたが、今年は参加国が大幅に増え、東京国際フォーラムで行われる本展のほか、羽田空港にサテライト会場が設けられ、丸の内にあるホテル「ザ・ペニンシュラ東京」では、WAT2018のアーティストが参加するイベントが行われるほどに成長した。...

記事全文を読む