レオパレス問題でとばっちり CM出演「広瀬すず」と違約金めぐるトラブル

芸能週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 レオパレスに発覚した施工不良問題の影響は、こんなところにも……。同社のCMに出演してきた広瀬すず(20)サイドと“違約金”をめぐるトラブルが起きていた。

 ***

 広瀬は2015年から「レオパレス21」のCMに出演してきた。近年はCM女王との呼び声高い彼女の“出世作”ともいえるシリーズだったが……。広告代理店の関係者は、施工不良問題が知られるようになった昨年の春ごろから、レオパレスと広瀬の“対立”は始まったと証言する。きっかけはテレビ東京の『ガイアの夜明け』が、同社の問題を3度にわたって扱ったことだった。

「今年の2月5日、『ガイアの夜明け』第3弾が放映されました。ここで広瀬の事務所が態度を明確にします。広瀬のイメージ低下とほかのCM出演企業への配慮から、レオパレスにCM契約中止を申し入れました」

 これに対し、レオパレス側は“違約金を請求する”という態度に出た。が、その後、国土交通省の調査を受け、レオパレスの社長は謝罪。逆に広瀬側が謝罪と違約金を求めることになった。

 2月下旬に両者は話し合いの場を持ったというが、双方ともに、

「契約内容にかかわるのでお答えできません」

 と答える。3月7日発売の週刊新潮で詳しく報じる。